全国 消えた年金相談センター │ 実績1,000件以上、初期費用0円

全国 消えた年金相談センター

【対応地域】47都道府県全国対応

0120-994-915

電話受付時間 : 平日:9:00~20:00 土日祝:9:00~17:00

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

旧令共済組合の年金記録

戦時中、旧陸海軍の国の軍需工場に勤めた期間の年金記録


戦時中、旧陸海軍の国の軍需工場である

旧陸軍造兵廠や海軍工廠、航空廠

などに勤務していた雇員・傭人・工員等は、

旧令共済組合の組合員であった可能性があります。

そして、この旧令共済組合に加入していたのであれば、

厚生年金保険の被保険者期間とみなされる可能性があります!

旧陸軍共済組合その他政令で定める共済組合の組合員であった旧共済組合員期間を有する者に対する、厚生年金(老齢又は死亡に関する保険給付)の支給については、これら旧令共済組合員期間のうち昭和17年6月から昭和20年8月までの期間は厚生年金の被保険者期間とみなされます。

ただし、年金額の計算では、報酬比例部分の計算の基礎には含めず、定額部分のみに反映されます。

【注意点】

・厚生年金保険の被保険者期間が、1年未満の場合や、国民年金の被保険者期間のみの場合など旧令共済組合期間が判明しても加算に該当しないことがあります。

・旧令共済組合員期間については、年金額の計算上「定額部分」を計算の基礎としているため、厚生年金保険の被保険者期間が1年以上ある者の場合でも旧令期間を加算しても年金額が変更とならない場合もあります。

学徒動員や軍人のみの期間は旧令共済組合員期間の対象外となりますので注意が必要です。

【ポイント】

1.民間の軍需工場に勤めた方は、厚生年金

2.国(旧陸海軍等)の軍需工場に勤めた方は、旧令共済

加入していた可能性がありますので、

まずは、確認してみましょう!

banner11

Return Top