全国 消えた年金相談センター │ 実績1,000件以上、初期費用0円

全国 消えた年金相談センター

【対応地域】47都道府県全国対応

0120-994-915

電話受付時間 : 平日:9:00~20:00 土日祝:9:00~17:00

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

ねんきん定期便

ねんきん定期便とは

日本年金機構は、毎年1回、誕生月に、国民年金及び厚生年金保険の被保険者の方に対して、年金加入記録をご確認していただくことを目的として「ねんきん定期便」を送付しています。

平成 21 年 4 月から、すべての現役加入者に対し、年金加入期間、保険料納付額及び年金見込額などが、毎年の誕生月に送付されています。そこで「年金記録にもれや誤りがある」との回答をいただいたものには、記録の確認作業が行われ、ご本人に結果をお知らせしてます。

【平成21年度】
全加入者について、年金加入期間、年金見込額及び全加入期間の標準報酬月額及び保険料納付状況を通知。

【平成22~24年度】
節目年齢(35 歳・45 歳・58 歳)の方には、上記平成 21 年度と同様の内容で、当該年齢以外の方には、標準報酬月額及び保険料納付状況について直近一年分を通知。

【平成25年度】
なお、平成 25 年度からは、年金支給開始年齢の引上げにより、節目年齢のうち 58 歳が 59 歳に変更となりました。

このねんきん定期便については、平成 24 年度から、保険料の納付状況などの確認したい事項を、目に入りやすく、分かりやすくするため、レイアウトも工夫し従来の封書形式から圧着ハガキ形式に変更されております。

なお、前述の節目年齢の方々には、従来どおり封書形式で、全加入期間の標準報酬及び保険料納付状況が送付されています。

また、厚生年金の年金記録については、保険料算定や年金額計算のベースとなる標準報酬月額も掲載されており、仮に事業主が過誤(又は故意)で、標準報酬月額を低くして年金機構へ提出(これにより事業主の納める保険料も低くなる)していても、ご本人がチェックできることになりました。

Return Top