全国 消えた年金相談センター │ 実績1,000件以上、初期費用0円

全国 消えた年金相談センター

【対応地域】47都道府県全国対応

0120-994-915

電話受付時間 : 平日:9:00~20:00 土日祝:9:00~17:00

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

年金記録の名寄せ

年金記録の名寄せとは

年金記録のコンピュータ上での突合せ(名寄せ)のことをいいます。

「5,000万件」の未統合記録と約1億人(受給者約3,000万人・加入者約7,000万人)の方の基礎年金番号で管理されている記録とのコンピュータ上での突合せを、「氏名、性別及び生年月日」の3つの情報等を用いて1次・2次にわたって実施されております。

名寄せ及び期間重複チェック

未統合記録と年番記録との名寄せは、段階的に、第一次名寄せ及び第二次名寄せに分けて実施(第二次名寄せはさらに二段階に区分して実施)し、それぞれ期間重複チェックを行う。

(1) 第一次名寄せ

氏名・性別・生年月日の三項目の一致をコンピューター上で確認し、年番記録に結び付く可能性のある記録を特定する(カナ氏名の濁点の有無や漢字氏名の新旧字体については一致条件を緩和)。

(2) 第二次名寄せ

次のとおり、二段階に分けて実施する。

【第一段階】

性別の不一致や生年月日の前後1日を許容するなど一致条件を緩和して、コンピューター上で年番記録に結び付く可能性のある記録を特定する。

【第二段階】

元号を生年月日の一致条件から除外するとともに、氏名の「ソ→ン」、「シ→ツ」や「フルヤ・フルタニ」、「サチコ・ユキコ」などの丸めを行うよう一致条件をさらに緩和して、コンピューター上で年番記録に結び付く可能性のある記録を特定する。

(3) 期間重複チェック
名寄せを行った後、コンピューター上で未統合記録と年番記録との期間重複チェックを行い、その結果、次に該当するものは、ねんきん特別便等の送付の対象外となります。

【年金受給者(第一次名寄せ分)】

・未統合記録と年番記録が完全重複しているもの

【被保険者(第一次名寄せ及び第二次名寄せ分)及び年金受給者(第二次名寄せ分)】

・未統合記録と年番記録が完全重複しているもの
・未統合記録と年番記録の一部(12か月超)が重複しているもの

Return Top