全国 消えた年金相談センター │ 実績1,000件以上、初期費用0円

全国 消えた年金相談センター

【対応地域】47都道府県全国対応

0120-994-915

電話受付時間 : 平日:9:00~20:00 土日祝:9:00~17:00

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

黄色い封筒が届いたら、年金記録の再確認を

老齢年金を受け取るために必要な加入期間が、25年→10年に短縮されました!

これまでは、老齢年金を受け取るためには、保険料納付済期間(国民年金の保険料納付済期間や厚生年金保険、共済組合等の加入期間を含む)と、国民年金の保険料免除期間などを合算した資格期間が原則として25年以上必要でした。

しかし、平成29年8月1日からは、資格期間が10年以上あれば老齢年金を受け取ることができるようになります。

年金請求書が送付されます

資格期間が10年以上25年未満であって、新しく老齢年金の権利が発生する方につきましては、黄色い封筒に入った「年金請求書」及び年金の請求手続きのご案内が日本年金機構から送られてきます。

yellow

年金請求書が送られてくるタイムスケジュール

1:大正15年4月2日~昭和17年4月1日  平成29年2月下旬~3月下旬
2:昭和17年4月2日~昭和23年4月1日  平成29年3月下旬~4月下旬
3:昭和23年4月2日~昭和26年7月1日  平成29年4月下旬~5月下旬
4:昭和26年7月2日~昭和30年10月1日【女性】 平成29年5月下旬~6月下旬
  昭和26年7月2日~昭和30年8月1日【男性】
5:昭和30年10月2日~昭和32年8月1日【女性】 平成29年6月下旬~7月上旬
  大正15年4月1日以前生まれの方
  共済組合等の期間を有する方

黄色い封筒を機会に、昔の年金記録の再確認を

当センターのブログでも、何度もお伝えしておりますが、持ち主不明の年金記録は、未だ約2,000万件も存在します。

この数字から、まだ自分の昔の年金記録を再確認したことがない人、年金記録にあまり興味がない方が大勢いることがわかります。

この黄色い封筒のお知らせがきっかけで昔の年金記録が見つかれば、もちろん、これからの年金額が増額します。

そして、ここからが今回のブログで、一番お伝えしたい点です!

昔の年金記録が見つかり、25年以上の受給資格になれば、さかのぼって年金が支給されます。

どういうことかと言いますと、たとえば、こういうストーリーです。

これまで、年金をもらうには、25年以上、年金に加入していないといけないと聞いてた、花子さん(80歳)。

しかし、これまで国民年金の保険料を19年分しか、払っていないので、自分は年金をもらえないと思い、これまで自分の年金記録を振り返ることはありませんでした。

そんな中、年金の受給資格期間は25年→10年に短縮されるということを知り、自分も年金がもらえることになると思い、年金事務所に手続きに行くことにしました。

年金事務所で、手続きをしていると、

年金事務所の職員の方が、
「花子さんは、昭和40年~46年の間、どこか会社でお勤めされたことはありませんか?」

花子さん
「昭和40年~46年の間は、●●県▲▲市にあった、●●紡績で働いていました。」

年金事務所
「じゃあ、この厚生年金の記録は、花子さんのもので間違いないですね。では、記録を統合します。」

花子さん
「今回、見つかった厚生年金6年分が統合されると、どうなりますか?」

年金事務所
「これまでの国民年金の19年と、厚生年金6年で、合計25年になりますので、年金の権利が発生した60歳まで、さかのぼって老齢年金が支給されます。」

黄色い封筒が届き、これまで19年しか掛けてこなかった花子さんは、制度改正により、年金がもらえるようになったと思って年金事務所に手続きに行きました。
しかし、そこで、思いもよらず、昔の自分の厚生年金記録が見つかり、25年の受給資格に到達。60歳までさかのぼった20年分の年金が、支給されることになりました。

このような事例は、実際に起きているのです。

黄色い封筒が届いた方、新たに年金をもらうための手続きをする際、自分が請求し忘れていた過去の年金記録がないか、今一度、ご確認ください。

Return Top