全国 消えた年金相談センター │ 実績1,000件以上、初期費用0円

全国 消えた年金相談センター

【対応地域】47都道府県全国対応

0120-994-915

電話受付時間 : 平日:9:00~20:00 土日祝:9:00~17:00

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

同姓同名、同一生年月日で別人の年金記録は存在するか?

持ち主不明の年金記録(宙に浮いた年金記録)が年金事務所の手続きの中で見つかった場合、

「昭和○○年頃、お勤めだった会社の名前を覚えていませんか?」

と、職員の方が尋ねてきます。

しかし、ご経験のある方はお気づきだと思いますが、
年金事務所の職員の方は、何という会社かわかっています。

なのに、聞いてくるのは、
本当に、この人の年金記録かを確認するためです。

でも、例えばですが、

私の父の名前と生年月日で検索して出てきた記録なら、私の父のものでしょう。
と言いたくなりますよね。

すると、

「同姓同名、同一生年月日の人が他にいるかもしれないので、会社名を確認することでご本人のものとし、年金記録を統合します。」

と言われます。

「そんな馬鹿な、同姓同名、同一生年月日の人がいるはずがない。」

と主張される方もいらっしゃることでしょう。

しかし、年金に関してのニュースではないのですが、
以下のようなことが起こっています。

【朝日新聞】別人の生保口座を差し押さえ 同姓同名、生年月日も同じ http://www.asahi.com/articles/ASH6Q67HGH6QPTIL02R.html
大阪市は22日、国民健康保険料を滞納していた同市生野区の60代女性と同姓同名で、生年月日と性別も同じ別人の生命保険を誤って差し押さえていたと発表した。別人の女性の住所は大阪市外だったが、区の担当者は「引っ越しで住所が変わることがあると思い込んでしまった。確認が不十分だった」と釈明している。
生野区によると昨春、国保料の滞納で女性の財産を差し押さえるため、生命保険会社に契約の有無を問い合わせたところ、市外の別の女性の契約について回答があり、そのまま差し押さえた。別人の女性は、誤った差し押さえで生命保険の契約に伴う個人年金が2回振り込まれなかったのをきっかけに、市に問い合わせてミスが発覚した。
【千葉日報】別人の預金差し押さえ 同姓同名で生年月日一致… 市税滞納者と間違え 市川市 http://www.chibanippo.co.jp/news/national/247588
市川市は24日、市税滞納者の銀行預金の差押処分にあたり、同姓同名の別人の預金を差し押さえるミスがあったと発表した。
市納税・債権管理課によると、滞納者の財産を調査するため、銀行に住所、氏名、生年月日などを照会した際、同姓同名で生年月日が一致。住所が市外で不一致だったが、市職員が見落とし、滞納者本人の口座と判断して別人の預金41万6907円を差し押さえた。
今月中旬、市から通知を受けた滞納者本人から指摘があり、ミスが発覚。誤って預金を差し押さえられた別人には市から経緯を説明し、全額返金した。
大久保博市長は「徴税を担当する職員には、自らの判断で滞納者の財産を差押さえできる極めて強い公権力を有している責任の重さを改めて自覚するよう指導した。再発防止策を講じ、市民の皆様からの信頼回復に努める」とコメントを出した。

当事務所の年金調査においても、
ご依頼者のものと思われる年金記録を調査したところ、
同姓同名、同一生年月日の別人の年金記録であると結論に至った案件が出てくることもあります。

珍しい氏名の方であれば、まず大丈夫だと思いますが、
全国に多く存在する氏名の方であれば、要注意です。

年金事務所の肩を持つわけではありませんが、
年金事務所が行う、会社名確認による本人確認の手法は、これをしておかないと
他の人の年金記録を誤って統合してしまうという可能性がある以上、一理あることなのかなと思います。

とはいえ、会社名を答えるというのは、なかなかハードルが高いことなので、
お困りの方は当センターへご相談いただければ何らかのお力になれると思います。

Return Top